クレジットカード 賢く

MENU

毎月決まった支払いは、クレジットカードで

今では多くの人が持っている、クレジットカード。お金がなくても、クレジットカードがあればお会計を済ませる事ができます。お金借りたい 即日に対応してくれる、まさに魔法のような便利なカードです。でも、クレジットカードは魔法のようなカードであっても、魔法のカードではありません。ですから、しっかりとした使い方をしないと、後でとんでもないことに…。

 

クレジットカードを上手に使う方法としては、その支払い先の種類を限定することにあります。まず、引き落としの支払いはまとめてカードにするのがいいでしょう。ガス・水道・電機などの公共料金、そして生命保険などの各種保険、携帯や電話など…毎月出ていく事が決まっている支払先をすべてクレジットカードにすると、便利なだけでなくお得なポイントが付いてくることになります。どうせ支払わなければいけないのであれば、少しでも帰ってくる方がいいです。

 

現金や銀行口座からの引き落としではそのまま引かれるだけですが、クレジットカードの支払であれば、金額に応じたポイントが付与されるのです。毎月、コツコツと貯める事で結構な金額になりますので、バカにできません。貯まったポイントは、そのまま買い物に使えるだけでなく、どこかの会社の金券に交換できたりと、クレジットカード会社によってさまざまです。

 

毎月決まった支払いは、一つのカードで支払うようにすると、同じところに貯まっていきますので、ばらしているよりか早く貯まります。カード払いにできるものは、一つのカード先に切り替えてしまいましょう。


食費もクレジットカードで

毎月、決まった支払いでいうのであれば、食費もその一つになりますね。食費は変動が多少はみられるものですが、大体の金額というのは決まっているもので、そう大きな金額が変わる事はありません。できれば、この食費…つまりはスーパーでのお買い物もカードにしてしまうといいですね。

 

スーパーの場合、クレジットカードとはまた違うポイントが付くこともあります。スーパー独自のポイントであり、カードのポイントとは別に付与されるので、2倍のポイントを得る事になります。しかも、毎回切り捨てではなく、使った合計額に対してポイントが付与されることが多いですから、小さな金額でもそれなりにポイントがたまっていくことになります。系列店のスーパーでクレジットカードで買い物をすれば、割引などの優遇もある場合もありますから、なにかとお得に買い物ができちゃいます。


クレジットカード払いのメリット・デメリット

毎月の決まった支払いを、クレジットカードでまとめて支払ってしまうことで、ポイントが貯まるといったメリットがあります。また、常に財布の中にお金を入れておかなくても大丈夫なので、いちいち銀行に行ってお金をおろす手間がないのですから、これは時間の節約にもなります。お財布も軽く、荷物になりません。

 

ただし、すべての買い物にクレジットカードが使えるわけではないので、ある程度の現金は持っていた方が安心です。また、クレジットカードを使って支払いをする際には、1回払いに設定するようにします。なぜなら、数回に分けて支払いをするとなると、そこには手数料が付いてしまうからです。それでは、無駄に支出を増やすだけです。

 

クレジットカードは、手元にない現金の代わりとなってくれる便利なカードではありますが、それはあくまでも自分の収入や手元にあるお金の範囲内だけに押さえるようにしなくてはいけません。どれくらい使ったのかわからなくなってしまいがちなので、しっかりと把握しておくことが大事。自分の収入以上の支払いには使わないように気を付けなくてはいけないのです。


クレジットカードのダメな使い方

クレジットカードでの支払い方法としては、一括払いにしておきます。数回に分けてしまうと手数料が付いてしまうので、逆に支払額が高くなってしまいます。しかも、数回に分けるということは、その回数分…数カ月の間、支払い続けなくてはいけないのです。これは、金額が少なくなっているとはいえ、ちょっと気分的に良いものではありません。

 

また、リボ払いは絶対に避けたい方法。リボ払いは便利なサービスの様に感じますが、単なる支払いの先延ばしにしかならず、手数料もかなりの金額になってしまいます。リボ払いを続けているうちに、どこまで支払っているのか、どれだけ利子を払っているのか…そういったことがわかりにくくもなりやすいのです。最悪、数カ月のつもりが何年も支払い続けている…なんてこともあるのですから要注意です。

 

クレジットカードは便利ですが、借金に変わりはありません。あくまでも、一時、カード会社からお金を借りている事に他ならないのです。キャッシングもそれと同じで、ATMから簡単にお金を引き出すことができるので、ついつい勘違いしてしまいやすいのですが、それはまぎれもない借金であり、返済時には利子がつくのです。キャッシュカードでお金を引き出す際には、それは「下ろした」ではなく「借りた」なのです。クレジットカードを使うにしても、それはいくらでも出てくる魔法のカードではなく、あくまでも自分の財布として使うようにしましょう。

 


更新履歴